青木設計事務所の建築ブログ

静岡を拠点に活動する青木設計事務所のブログです。 家づくりをしながら考えていることや実家の井川のことなど 日々を綴ります。

ホームページ:http://aokiarchi.jp

明王寺工事現場の進捗状況2をお伝えします。

IMG_4617 大
客間より西側の庭を望む。

IMG_4579 大
奥に二間続きの客間、左手にオープンキッチン、右は広縁です。
屋根の野地板、床合板、外壁廻りにも構造用合板が貼られた状態です。
これで外廻りが囲まれ雨をしのぐことができます。

IMG_4576 大
 客間よりオープンキッチン、広縁、玄関、お客様用控室を見通します。

 IMG_4577 大
深い軒が室内に陰影をもたらします。

IMG_4582 大
 玄関、その奥にお客様用の控室。
四畳弱の小さな部屋ですが、床の間、押入をしつらえます。
床板(とこいた)には、旧庫裡の とこいたを再利用します。


今回の再建計画では、旧庫裡で仕上げとして使われていた材料のいくつかを部分的に使うことになっております。取り壊しの際に大事に保管していたものを甦らせる意図です。
これも、住職をはじめ委員会の方々の意向です。
歴史を刻み、受け継ぎ、ものを大事にする素晴らしいことだと思います。 



nobu 

IMG_5508

終戦後間もない頃、日本の通算官僚たち(現在の経済産業省)は、未来を見つめ、世界と肩を並べても遜色ない豊かな国造りを目指していました。そんな高度施長期の真っ只中の時代背景をもとに描かれた城山三郎著の経済小説です。

今から40年以上も前に出版されたこともあり、普段あまり本を読まない私でさえその時代を生きてきたこともあり、のめり込むように一気に読んでしまいました。

政治家、官僚の資質が取り上げられ、汚職、不祥事、改竄と世間を騒がせる事が多い昨今ですが、ここに描かれている官僚たちは、心底国家のため、国民のために身を削るような苦労を厭わず努力する姿が描かれています。名前こそ変えてありますが、実在の大物政治家を交えて歴史が語られています。

国家のため、国民のためという大義、大命題は同じでも、考えの違いが省内に錯綜するなか、国の方針が決定され歴史が動く様は読み応えがあります。

現在の日本を世界でも有数の経済大国にまで押し上げる要となり、礎を築いた国家の中枢を担う官僚たちが、政治家を巻き込みながらどんな思いで、何を目指して日々奮闘していたのか、僅かですが知ることができました。

この流れで、次は「落日燃ゆ」。 



nobu
 


明王寺書院庫裡再建工事も完成を間近に控えています。
今日から何回かに分けて、工事の進捗状況をお伝えしたいと思います。
 
棟上直後の書院です。
左手奥の2階部分は、先に棟上げして屋根も葺き終わったばかりの庫裡です。
書院は平家を基本に本堂へ回廊風に繋がります。
画像には見えませんが、左手に本堂が控えています。
IMG_4381

中央は巾6尺の広縁となります。
広縁の奥に10帖二間続きの客間、左手はオープンキッチンです。
天井には杉の化粧登り梁が910ピッチで連続します。
軒の出は6尺(1818mm)と深い屋根下空間ができます。
ここには木製の濡れ縁ができ休息の場としても利用されます。
IMG_4401

客間から広縁・オープンキッチンを望む。
中央は欅大黒柱7寸角、左手奥の玄関・控室を望む。
IMG_4385


南西の庭に向かって開く、二間続きの客間です。
化粧登り梁の深い軒です。
IMG_4379

屋根の谷部分の構成です。
登り梁、谷木、母屋の複雑な収まりも手加工刻みで難なく納まっています。
職人技に感服です。
IMG_4402

着工当時はウッドショックの煽りも受けて困難を極めましたが、
関係者の皆様の協力を得て竣工まで残すところあとわずかのところまで辿り着きました。
皆様には感謝の念が絶えません。
ありがとうございます。
竣工まであとわずかですが、ブログに納めたいと思います。



nobu






IMG_5489

大好きなお酒とおしゃれな「LAMY」のシャープペンシルを二人分。
「馬淵の家」の建築主様から完成のお礼にといただいたものです。
設計をさせていただいた上にこんなにもしていただき、設計士冥利に尽きます。

建築は、設計の打ち合わせから竣工までの長い月日の間に、良きにつけ悪しきにつけ
様々なことが起こります。
それらを全部ひっくるめて、喜んでくださっていることを感じありがたい限りです。

LAMYペンはペン立てに納まり、
お酒は、一晩冷やしてご馳走になりました。
爽やかでコクのある美味しいお酒でした。
ささやかですが、晩酌の楽しみがひとつ増えました。




nobu




 

スクリーンショット 2022-09-15 15.35.30
名古屋モザイク工業主催のデザインアワード2022
非住宅部門にて青木設計事務所が設計監理した「ながぬま整骨院(折り上げ屋根の家)」が入賞を受賞しました。

デザイナワード2022リンク
https://www.nagoya-mosaic.co.jp/designaward/winner2022.html


審査員の五十嵐久枝さん、大西麻貴さんは大変昔から尊敬している作家さんたちです。
選んで頂けて本当に本当に嬉しいです。

以下は応募コメント(コンセプト)と審査員コメントです。


◼︎コンセプト
テーマ:風が流れるように、境界に流れるタイルの土間
おおらかなタイルの土間を共有する、整骨院と住まいの提案です。この土間は、ご主人が営む整骨院の待合スペースでありながら、上階で暮らす家族のための玄関でもあり、時には奥さんが手作りお菓子をふるまうカフェにもなります。人が行き交う土間のタイルは、優しいパステルカラー3色を選んでヘリンボーン張りで仕上げました。タイルの色彩と木のぬくもりで包まれた空間は町に溢れ出し、ここにしかない整骨院のあり方と暮らしの物語を紡いでいきます。 


◼︎審査員コメント(五十嵐久枝 氏)

たっぷり木の温もりを感じるインテリアと建物。柱も壁も天井も建具も床もオール「木」を使用している。年月と共にその味わい深さも増していく様子を想像してしまう。その「木」に対して、というか、共にある広々とした土間のタイル。優しいパステルカラーのヘリンボーン張りであるが中々大胆な選択である。個性的な組み合わせが、建物の中から屋外まで緩やかな繋がりをもたらせている。ここでは人と人との関わりが穏やかであると感じさせる何かを持っている。整骨院とカフェと住宅の融合に良好な解の一つであると感じた。 



これからもタイルと向き合い、空間づくりに活かして行きたいです。


良介



 

IMG_3860

本日は、新築住宅「掛川の家」の地鎮祭でした。
お天気に恵まれて、まさに地鎮祭日和!
世の中は高騰で大騒ぎで、建築業会もその波の中、変革の時なのかなと思っています。
みなさんの協力を得て、なんとかこの日を迎えることができました。 
縁側と大屋根のある、自然素材豊かな木の家になります。
楽しみです!

良介




 

IMG_3304X
IMG_3055のコピー

ピンクと木の外壁がとても可愛らしい「馬渕の家」
内部空間も、とっても良い感じになっています。
床がスキップして移り変わる景色、木のぬくもり、空間のつながりと関係性。
工事は外構と最後の手直しを残すのみとなりました。あともう一息!



今回改めて、住まいは人と人との濃密なコラボレーションで出来上がるのだなぁと思いました。
外壁の色や壁紙の色、内装の雰囲気や選ぶ照明器具・家具など、施主さんと一緒に考えて、選択を一つ一つ積み重ねてつくっていきました。
作家として良いのか悪いのか、僕らは二人とも性格的に独りよがりになる造り方はできないみたいで、建築の方向性を提示したら、あとは施主との対話と感覚を信じて造っていきます。現場で直感的に良いと思ったものは方向転換して取り入れます。出来上がったものがたとえ設計の最初に見えていた景色と違っていても、それは心地の良い違いであり、常に発見と喜びが勝ります。建築に正解はないから、できたものが正解なんです。

設計士としての一番の喜びは、建物が僕らの手を離れた後に家族と共に成長している姿を見る時。
住まいは住んでからも、長い長い道のりです。


良介




IMG_2954D


この度、井川の「限界集落」再生のための活動メンバーに加わりました!

その名も「安部元眞顕彰会」

むかし井川を納めていた武士である「安部元真」のお墓を世に広めることが目的の一つで名付けられたのだとか。

僕自身知らなかったのですが、既に先輩方が井川の名刹(名高いお寺)の保全や集落再生のために、募金やクラウドファンディングを通して活動されていました。 

集まったお金でまずは、安部元真をはじめとした江戸時代から残るお墓に看板を立てて整備し、その歴史的価値を広く知ってもらうこと。井川の魅力を広めてるための幅広い活動をしていく予定です。


実はこの安部元真をはじめとした江戸時代から残るお墓は、青木家がずっと管理してきたものなのです。
僕も、数年前に亡くなったおばあちゃんや父と一緒に何度も掃除をしたことがあります。
歴史やルーツも知らずに、、
守る事しか考えられなかった僕らですが、こんな素晴らしい活動を起こした人達がいたことを知り、ぜひメンバーに加わりたいと思った次第であります。

自分にしかできない関わり方があるはず。
今後の活動に期待していてください!


青木 良介


 

IMG_2610IMG_2612
IMG_2613

設計事務所なのに、最近お茶農家の日記みたいになってしまいすみません!

今年も元気に井川でお茶摘みしてきました。 
5月になって、お茶っぱがこんなにみずみずしくなりました!
今年も「みるい」お茶を摘むことができました。


近年ずっと、井川のお茶摘みをイベント化できないかなと考えていますが、なかなか話が進まず、、来年こそは。

お茶の管理はなかなか重労働です。
年間を通して面倒を見なければなりません。
あと何年できるだろうと不安も覚えますが、先代から受け継がれているお茶畑を守りたい一心で続けています。
また来年も元気にお茶摘みができるといいな。


ちなみに、設計活動の方も頑張っていますので、皆様ご心配なく!


良介


 

5EB551EB-D358-4D1D-8AE7-5C333E284A6E
いろいろな建築のプロジェクトが進んでいる中、
井川にはお茶の手入れで定期的に通っています。
先日は葉の表面を少し刈り上げて、肥料も撒きました。
今年は身内だけではなくて、わいわいオープン参加にしようと考えています。
お茶摘みしてみたい人、井川に興味がある人は是非お声がけください^ ^
何か建築的な視点でイベントもできると良いのですが。
5月下旬頃になりそうです。


↑このページのトップヘ