青木設計事務所の建築ブログ

静岡を拠点に活動する青木設計事務所のブログです。 家づくりをしながら考えていることや実家の井川のことなど 日々を綴ります。

ホームページ:http://aokiarchi.jp

江尻CG200525

清水区にコンクリートのアパートの計画をしています。
3階建てのワンルーム形式です。
杉板型枠の外壁と、インナーテラスの色彩がポイント。
クライアントと話し合いながら、これから細かい部分を決めていきます。

2021年竣工予定。 



 

IMG_8908
IMG_8906
IMG_8893
IMG_8882


新型コロナウイルスによる難しい状況が続いています。
この先どうなっていくのか。
新しい生活様式がもたらす暮らしの変化、そしてこれからの建築の役割とは、、
お家時間お家勤務は増えるし、リモートワークの音問題など
建築的にも、日々考えることは多いです。

そんな中ですが、先週末は井川に行き、毎年の行事であるお茶摘みをしてきました。
一年間、手塩にかけて育ててきたお茶なので、無事お茶摘みまで終えられてホッとしています。
もちろん今年もオール手摘みです。
今年は親戚の子供達も来てくれて、親戚家族一同が集まり賑やかなひと時でした。
一応、静岡では緊急事態宣言が解かれた後だったことと、屋外の活動だったので無事行えたのですが、
当たり前のように毎年行なっていることが、これからは当たり前ではなくなるかもしれないなぁと考えながらお茶を摘んでいました。

僕らがこれまで大切にしてきたものと新しい価値観
うまく共存させて建築づくりに活かしていかないとです。

Ryosuke



 

portal patio竣工写真06
portal patio竣工写真01

portal patio竣工写真02
portal patio竣工写真04
portal patio竣工写真33
portal patio竣工写真07

2階建鉄筋コンクリートの住宅
「portal patio」の竣工写真をホームページに掲載しました。

 光と陰、質感と調和、自然と建築、、
落ち着きあるアートな住空間ができました。

ホームページでのご紹介はこちら

http://aokiarchi.jp/pg629.html 


 

IMG_8029
↑名古屋モザイク2020-2021のカタログ2020年4月発行。
IMG_8025
↑デザインアワード受賞作品のページに「長倉さんの家」と「よし子さんの家」が掲載されています。
IMG_8027
↑「ラバーニャ」というタイルのページの例として「長倉さんの家」が掲載されています。
IMG_8030
↑「よし子さんの家」



本日発行されました名古屋モザイク工業株式会社の2020-2021カタログ「長倉さんの家」「よし子さんの家」が掲載されました!初めてのことで、とっても嬉しいです。

それぞれ
 「長倉さんの家」は16ページ
「よし子さんの家」 は17ページと575ページ
に載せていただきました。


いつもお世話になっている名古屋モザイクさん。
今年、静岡ショールームが 新しくなって石田街道沿いにオープンしました。
近年、タイルの需要が大きくなり、こうしてメーカーがどんどん拡大し、さらにタイルの生産日本一の岐阜県多治見市には有名建築家が手掛けたモザイクタイルミュージアムが建設され多くの観光客が訪れる場所にもなっています。タイルに興味がある人が増えてきていると肌で感じます。 
だって、タイルって圧倒的に美しい建築材料ですもの。 

今日、出来立てホヤホヤの新しいカタログを持ってきてくれた静岡ショールームの所長:篠田さんと事務所でニュープロジェクトの話し合いもしました。

全国一番乗りで、静岡に
誰もが参加できる

「タイル部」を作りましょう!

ということになりました。

「タイルで生活を彩る」をテーマとした活動を具体的に考え中です。
タイルは、暮らしも、街も、人も、彩ることができると信じています。

乞うご期待。

良介


 

住宅に限らず建物を設計する上で、建築主の要望とは無関係に風土を活かすと言う考えは、建築士が共有する一つの方法論です。
建築設計にとって、その土地の歴史、伝統、文化、気候、そして周辺環境を考慮することは、ごく一般的に行われる設計行為です。

これに対峙するものとして ハウスメーカーや設計施工で販売する規格住宅、プロトタイプの住宅があります。敷地の形状に制限されるものの、最近では意匠性のある安価な住宅が進出しています。
そこまで敷地や周辺環境を考慮することなく、予算とプログラムが一致すればスピーディーにどこにでも建てられると言うものです。

そこで、それら規格住宅のプロトタイプと設計事務所が個別に設計することの違いが問われることになります。設計事務所にとって予算はもとより、敷地環境、地形を活かす、土地に根ざす、といった風土を読んでの独自のプログラムの提案が重要となります。

狭小と言われる敷地では、閉鎖的にならないようにプライバシーを保ちながら周辺環境を取り込むことや、周辺環境に開く住まいを考えます。余裕のある土地では、敷地を超えて周辺環境に溶け込むようにその可能性をどこまで追求できるか。
携わる敷地に同じものは無いので、その時折の風土に根ざしたプログラムは、携わる建築士の創造力に委ねられます。もちろん、建主の個性を反映させながら。

 何がその居心地の良さを担ってくれるのか?
 建築主がどんな暮らしを想像できるのか?

それらをどれだけリアルにプレゼンする(想像させる)事ができるかが求められます。
ここに設計事務所のアイデンティティー「独自性」があります。
その固有性、独自性を依頼主に理解してもらうことが大前提となります。

このブログやインスタグラム等を通して、私たちの物事に対する姿勢に共感や興味を持っていただけたら幸いです。

 

nobu 

IMG_7882
お彼岸だったので井川に行ってきました。
春の空の下、木漏れ日の中、龍泉院まで続く階段を登り
いつものようにお墓掃除とお墓参り。
由緒あるお寺の造りに改めて見入ってしまいました。



IMG_7883
お寺からの帰り道に見えた井川湖
水が少ないですが、相変わらずほっこりする風景です。
ずっと変わらない風景であってほしい。


IMG_7906
5月のお茶摘みに向けてお茶刈りもしました。
運動不足の身体には、これが結構きついのです。
機械を持つ腕はプルプルして、次の日は安定の筋肉痛です(笑)。
今年も家族親戚が集まって、みんなで手摘みする予定です^ - ^


そしてそして今年は新たな仲間と一緒にとある井川在来の作物を育てる予定。
収穫に合わせてイベントも考えていますよー!
井川の良さと建築を掛け合わせた場を提供する予定。
井川に興味のある方は楽しみにしていて下さい。
定期的に告知していきます!


良介




IMG_7656IMG_7615
IMG_7617
IMG_7640
IMG_7606
IMG_7609
IMG_7627
IMG_7626
IMG_7623
IMG_7599

3月8日(日)9日(月)
ひかり市民センター・園庭カフェにてモザイクタイルワークショップを開催しました。
こんな時期だから直前まで中止にしようか迷ったけど、準備できることを最大限準備して開催に踏み切りました。参加していただいたみなさん、本当にありがとうございました。

30以上のタイルのコースターと、アクセサリー、フォトフレームができました。
写真を眺めているだけでも楽しいです。
みんなそれぞれ個性的ですよね。
今回、ひかり市民センター長の原大介さんが作ってくれたオリジナルのコースターの型に無限の可能性を感じたので、またコラボしたいです。


モザイクタイルって不思議なもので
それぞれが選んだ集合体はまるで
その人自身のようにも見え
気持ちが乗り移った生き物のようでもあります。

今頃それぞれ作ったものが
生活にそっと彩りを与えてくれるものになっているといいな。

落ち着いたら、また開催しようと思います。

良介 

まぶち薬局CGパース1緑字
「まぶち薬局」のリノベーションが着々と進んでおります。
白と緑を基調とした清潔感のある外観になります。

IMG_72952のコピー
大工さん達って凄いなぁと、改めて思います。
自らの手で、みるみるうちに空間を創造していくのですもの。
自分で身体を動かしてみるとわかるけど、本当に大変なことですし、技術はもちろん想像力も必要。

昔、僕がトゲトゲしていた頃(笑)、建築現場で職人さんとイマジネーションが合わなくて揉めた時、ある大御所の建築士に言われました。
「建築士は職人さんと喧嘩しちゃダメだよ。頭ごなしに要求してもダメ。自分(建築士)ができないことを職人さん達はできるから建築を造ることができるんだ。感謝して接しなさい。」
この言葉が、今は身にしみます。

良介

 

R0004267


先週末は「長倉さんの家」を訪問しました。
写真では収まりきらないけど相変わらず気持ち良さ!
木のぬくもりと開放感がとても良い空間です^ - ^
趣味の釣具や焚き火台、ハンモック、それに至る所に植物が上手に飾られていて、住み手と家が良い関係性を築いていました。


長倉さんの家
そういえば以前、長倉さんがドローンで自分の家を撮ってみたとのことで、いただいた写真があったのでご紹介。この視点は新鮮!



IMG_6332IMG_6342
IMG_6333
IMG_6313
IMG_6311

IMG_6291
IMG_6299

年末に古庄の「ひかり市民センター(園庭カフェ)」で行なったタイルワークショップの様子をお伝えするのを忘れていたので、簡単だけど写真でご紹介します。
この日はタイルでコースターとアクセサリーを作りました^ - ^




そしてそして!
新たなモザイクタイルワークショップのお知らせは以下となります。
この人同じようにタイルのコースターやアクセサリーを作るワークショプです^ - ^

2020年3月8日(日)
第一部10:00〜11:30
ランチタイム11:30〜13:30
第二部13:30〜15:00

2020年3月9日(月)
第一部10:00〜11:30
ランチタイム11:30〜13:30
第二部13:30〜15:00

参加費:ドリンク付き一人1200円、ランチ・ドリンク付き一人1800円
    子供はワークショップ参加料もドリンクもランチも無料です。
場所:ひかり市民センター・園庭カフェ


各部先着10組までとさせていただきます。
ご興味のある方は是非ご予約して起こしください!


予約先:青木設計事務所
054-267-1120
ryosuke@aokiarchi.jp


良介


 

↑このページのトップヘ