青木設計事務所の建築ブログ

静岡を拠点に活動する青木設計事務所のブログです。 家づくりをしながら考えていることや、実家の井川のことなどなど 日々を綴ります。

ホームページ:http://aokiarchi.jp

IMG_0435IMG_0437
IMG_0438
IMG_0397
IMG_0427
IMG_0434
IMG_0418
IMG_0385
IMG_0433


3月16日(土)、高校生・大学生と共に創る「地域共生フォーラム」が開かれました!

みんな熱くて、エネルギーに満ちていて、最後は久しぶりに感動の涙が、、

企画委員としてこの1ヶ月、学生達とワイワイ準備してきたので、過ぎ去った今、さびしさが半端ないです笑。

 

僕は、会場を演出するためのダンボール工作と、当日のダンボールハウスワークショップなどを担当しました!

会場に入るためにトンネルやゲートをくぐるワクワクの空間体験や、実際にダンボールハウスを作って寝そべってみる空間体験など、学生さん達や子供達と一緒に手作りしました。会場の机や椅子も、すへてダンボールなんですよ!みんなのアイデアがカタチになったひとつの瞬間でした。


そういえば、何故「ダンボール」かというと、新宿からゴミ拾いの活動を始めたゲストの作家:荒川祐二さんと、上映された映画「あしがらさん」の監督:飯田基晴さんに共通するきっかけが、新宿のダンボールハウスだったから。というのも含めて、掘り下げてみんなで考えてきたので、当日の講演の言葉や、上映された映画の捉え方に深みが出たんじゃないかなと思います。

 

「地域共生」とは何かをずっと考えてきたけれど、これだ!って答えは出なくて。でも、それぞれが考え続けて、一歩踏み出して行動した先に、待っている気がしました。それは、ゲストのお2人の活動にも通じることでした。

一歩踏み出して、このフォーラムに参加して、僕は仲間と出会えた。

このフォーラムを通して、参加者の多様な考えに触れて視野が広がった。

こういう活動があちこちで行われたら、きっとそれは素敵なことだから、今度はそれぞれが小さくても自分からきっかけを起こしていくことで、未来に繋げなきゃ!と思ったのでした。


時間を共有できた、すべての人に感謝します。

ありがとうございました😊


Ryosuke



 

ホームページトップ
works



ホームページのworksを更新しました。
「インナーテラスハウス」が追加されています。
見ていただけると嬉しいです^ - ^

青木設計事務所ホームページ
aokiarchi.j 













 


正木構造研究所の正木さんと担当の布施さん立ち会いのもと、
基礎の配筋検査を行いました。
主筋 の配筋状態、継手、定着長さ、被り、スターラップ、型枠の固定等隅々まで検査しました。
指摘箇所はその日のうちに修復して、検査機関による検査も合格しました。

IMG_9819
IMG_9789
IMG_9799

いよいよコンクリート打設です。
昨日雨が降り型枠の養生には申し分ありません。
今日は天候も良くRC打設日和です。

打設前に、コンクリートのスランプ、空気量、塩化物含有量試験、破壊試験用の供試体9ケ、
いずれも問題ありません。
予定通り午前8時打設開始です。


IMG_3120
IMG_3123
IMG_3124
IMG_3126

打設は順調に進み、最後の基礎スラブの押さえも終わりました。
現場の皆さんご苦労様でした。





 

 nobu


 

IMG_9989IMG_9983IMG_9986
IMG_9988
IMG_9987
IMG_9985
IMG_9984
IMG_9993
IMG_9960
IMG_9991
IMG_9992


2月10日(日)アイセル21アトリエにて
建築教室×対話カフェ「タイルで宝箱をつくろう」を 開催しました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!


改めてタイルの組み合わせは無限!と思いました。
みんなの個性的な宝箱が生まれましたね。
今回、タイル貼りだけではなく、難しい作業の「目地詰め」まで経験していただきました。
様々な色合い風合いを持つタイルに、興味をもってもらえて、魅力を感じてもらえたかなと思います。

それぞれ持ち帰って、そっと大切なものを入れてくれたら嬉しいです^ - ^


イベントをやり終えると、
沢山のことに気がつきます。
勉強になります。
もっともっと楽しんでもらいたいし、もっともっと新しいことに挑戦していきたい気持ちになります。

僕の大好きな建築素材である〝タイル〟を使った空間づくりのワークショップは、これからも、ずっと、続けていきます! 


青木良介


 

北松野の家CG屋根レッドブラウン壁オレンジ

「北松野の家」は、敷地形状に沿って〝くの字型〟に折られた平面計画の住宅です。
低くゆったりと東西に伸び、周辺の風景に溶け込むような佇まいになります。


深い軒の出の下に生まれた縁側空間は 家族の憩いの場であり、昔ながらの日本家屋を思わせる開かれた生活の場です。敷地前の道路の一部も施主様の土地であるからこそできる、大らかな住まいです。



IMG_9900

敷地探しから始まり約2年
お子さんも初めの頃より大きくなりました。
先日、快晴のもと地鎮祭が執り行われました。
感慨深いものです。


nobu 


 

「portal patio 」はRC2階建ての住宅です。
今日は、鉄筋圧接部の超音波探傷検査に立ち会いました。

それにしても、基礎スラブ配筋、地中梁配筋の眺めは圧巻です。そして美しいです。
「耐震等級3」の設計もあり、これでもか と言うくらいの配筋が施されています。
今回は型枠建て込み前の中間検査ですが、本検査は構造設計をお願いした正木構造研究所の正木氏が東京から来て立会い 検査となります。
この調子なら、きっとコンクリートも綺麗な打設となるはずです。
現場の皆さん期待しています。

ヤザキ超音波0122

IMG_3067

IMG_3079





nobu 

IMG_9667

建築×対話
「タイルで宝箱をつくろう」


自分にとって大切なもの

例えば、アクセサリー、時計、鍵、それとも小さな思い出・・

それらのものたちを仕舞う小さな空間を

タイルを使って作ってみませんか?

色とりどりで温かみのあるタイルたちは

手にしただけで気持ちをほっこりさせてくれます

そしていろんな方との対話も宝箱のような時間です

あなただけの宝箱に出逢ってみませんか?

 

 

日時: 2018年2月10日(日)9時半~11時半

場所静岡市女性会館アイセル21  アトリエ(3階)

定員: 15名(予約制)

会費大人1500円、子供500
 

材料費込・作品はお持ち帰り頂けます

作業ができる服装でお越しください


予約先
青木設計事務所 青木良介
電話:090-3954-1738
メール:ryosuke@aokiarchi.jp


・色々な種類のタイルを見てみたい、触ってみたい!
・DIYでタイルを使って何か作りたい!でもどうやって?
・タイル好きな人と話がしてみたい!
などなど、タイルに少しでも興味がある方は是非(^ ^)

満員御礼!ありがとうございました!

2019

新年明けましておめでとうございます。
画像は初詣客で賑わう井川:大井神社 午前0時30分頃の様子です。
IMG_2954


私達の新年の始まりは実家の井川からです。
初詣客にはお酒、甘酒が振る舞われ、だるま、熊手を売り出します。
私達の初仕事は、大井神社にて 大晦日31日の午後1時から元旦午前3時まで、
お正月飾りの支度と初詣客への接待でした。
IMG_2944

IMG_2948

IMG_2949

IMG_2964




早朝戻ってからの「初日の出」に向かい、今年の抱負と願いを込めて1年が始まりました。
平成の元号も残すところあと4か月。
皆様にとって新元号と共に新たな歩みが始まることを願って、
新年の挨拶に代えさせてもらいます。

本年も青木設計事務所をどうぞよろしくお願い申し上げます。
 
                             青木信浩 青木良介 

平成最後の大晦日もあと二日となりました。
この一年を振り返り、良かったこと、嬉しかったこと、辛いこと、悲しかったことを、世の多くの人ちが経験してそれらを背負って新しい年を迎え、また一つ歳をとります。

若い頃に比べ歳を重ねると何事にも意欲が薄れ、こんなものかとあきらめたり認めたり、無理やりそう思い込んだり、居直ったりしながらも、若い世代の未来に向け夢を持ち健気に邁進している姿はまぶしく、嫉妬さえ覚えてしまいます。
それでも、63歳になるこんな私にもささやかな夢があります。

それは、「仕事をやり続けることです。」

私たちに設計の仕事を依頼してくれる人たちがいる限り、 仕事をやり続けたいと思います。依頼が無くなった時点で私が生きている価値さえ無くなるとしたら、そうならないように日々精進すること、現役であり続けること、それが私の夢であり希望でもあります。

「夢を持つことが未来を創る」 

そんな気持ちで、新たな年、新たな元号の年を 迎えたいと思います。


2019
来年も親子共々努力し精進してまいります。
青木設計事務所をどうぞよろしくお願い申しあげます。  
                              青木信浩 青木良介

IMG_8995
みんなのおうちに明かりが灯って幻想的な風景です
IMG_8996
IMG_8985
IMG_8962
IMG_8968
明るいところで見ると、また見え方が違う。こんなにもそれぞれ違って個性的!
IMG_9004
IMG_9001
子供が真剣に取り組んでいる姿は微笑ましいです。
IMG_9007
IMG_8997
今年もゴードンこーひー さんのコーヒーであったまりました^ - ^
IMG_8981
IMG_8978
IMG_8971
IMG_9018
総勢25人、子ども10人!賑やかなワークショップになりました。
参加者の皆様、ありがとうございました^ - ^

今回、「〝自然〟と一緒に暮らすおうち〜クリスマスの森へ」と題して、「森に住むとしたどんなおうちが良い?」と問いかけたところ、それぞれ個性的なおうちが誕生しました。
てのひらのおうちに明かりが灯った瞬間は、もう、僕の言葉では言い表せないくらい感動的な風景でした。子ども達の心に、何か残せたかなぁ。

たとえ工作だとしても、建築に思いを巡らせて、建築の楽しさ、面白さに少しでも触れてくれたらと思って始めたこのワークショップ、これからも続けていこうと思います!

良介



 

このページのトップヘ