青木設計事務所の建築ブログ

静岡を拠点に活動する青木設計事務所のブログです。 家づくりをしながら考えていることや実家の井川のことなど 日々を綴ります。

ホームページ:http://aokiarchi.jp

令和元年に、事務所を開いて30年の節目を迎えることができ、これまで携わった建築を振り返りながら、「色彩りの建築展」を開催することができました。これを機に長い間お会いすることも無かった建主さんともお会いすることができ有意義な時間を過ごすことができました。
また、建主さんの協力を得て、「築後15年」の御宅の内覧会を開催することも できました。これまでお付合いさせてもらった建主さんの多くが、建物の維持管理には余念がありません。このお宅も5年前に外壁及び屋根廻りの改修工事を行い、内部も少し化粧を施したおけげで綺麗な状態で内覧会を開催できました。

この30年という月日の流れで最も大きな変化は、誰もが思っている「時間の流れの速さ」です。 
携帯電話が普及し、インターネットサービスが充実して、建築設計では手描きからCADの時代に変わりました。このCADはデータを共有でき、仕事も早くなり、オペレーターの想像もつかない3D画像を偶然生み出すような離れ業もありました。この時代の流れに、私のような初老はただただついていくことが精一杯でした。

しかし、建築の世界でも時代が変わっても 変わらない本質があるはずです。建築に使われる資材はその素材を生かすことしかり、修練された職人の技術しかり、そして設計する人間のこだわりを無くさないことです。今でも私たちの事務所ではプレゼンには模型とスケッチは欠かせません。手の後の残る所作は、その過程を何かしら相手に伝えてくれて説得力も増すと考えます。

時代の流れに逆らうことはできませんが、いつの時代も変わることのない本質を私達なりに見極め、今後の設計活動に生かし続けて いきたいと思います。

令和2年を迎えるにあたり、皆様にとって充実した年となり幸せな年となるよう祈念して、
ここに、令和元年の最後のご挨拶とさせていただきます。

2020年(令和2年)も、青木設計事務所をどうぞよろしくお願い申しあげます。
今年1年、ありがとうございました。


                             令和元年12月31日
                             青木信浩 ・青木良介 

IMG_2135IMG_2126
55752349_165590240992082_329369977235492
IMG_2130
IMG_6211
IMG_5984
IMG_6210

12月30日10:00~20:00
僕、青木良介が
園庭カフェで一日店長をすることになりました。


古庄駅のすぐ近く、元幼稚園をリノベーションして造られた園庭カフェ、そして「ひかり市民センター」

「チャレンジしたい人を応援する場」としてギタリストの原大介さんを中心に今年4月にオープンしたばかりの静岡の新しい居場所です。ありがたいことに僕はこの場所が誕生する前から関わらせていただいていて、園庭の水場のモザイクタイルアートを造らせていただいたり、先日のワークショップ「てのひらのおうちに あかりを灯そう」を開いたりしています。

園庭カフェは「たんじゅん農法」の野菜を中心とした食事や飲み物を取り扱っているカフェです。

「ひかり市民センター」の方は畳敷の多目的スペース。
園庭や縁側も広いので子供の遊びスペースもいっぱいあり、小さなお子さん連れの方でも周りを気にせず気軽に足を運べる場所になっています。駐車場もいっぱいあります。
ランチの時には、園庭カフェでもひかり市民センターでも、どこでも食事ができます。




IMG_9996
一日店長の日は、モザイクタイルを使ったコースター作りもしますよ!

この場所に興味のある方、タイルアートに興味のある方
そしてリノベーションや建築に興味のある方も
この機会にぜひこの場所を知ってほしいです。




あとあと、
 
すろーかる1月号「千代田と古庄周辺」 に
「園庭カフェ」「ひかり市民センター」が載っています。
チェックして見てください!

IMG_6206
IMG_6208



12月30日、古庄でお待ちしています^ - ^
お気軽に遊びに来て下さい⭐️


青木 良介 



 

IMG_6083IMG_6047
IMG_6043
IMG_6049
IMG_6066
IMG_6062
IMG_6059
IMG_6058
IMG_5998
IMG_6055
IMG_6057
IMG_6022

人の意識や手が直接加わったものを
僕は美しいと感じます。
そして多くの人の手が加わるほど
優しいものになる。
それは、家でも、町でも
模型という小さな世界の中であっても。

ワークショップ
「てのひらのおうちに あかりを灯そう」
今回は、ひかり市民センターに
「ひかりのまち」ができました。

この場所で共に過ごすとしたら?と想像し、観察しながらそれぞれが好きな場所を見つけて、みんなで住むまちを考える。
それは決してひとりよがりではつくることができなくて、誰かのことを思ったり、場所や自然のことを考えたりして、必ず何かと繋がり合うことで成立するものでした。

なんて、頭で考えていた僕の思惑をみんな遥かに超えて行き、そこにできたお家はみな、安心できる自分の場所と、他者と繋がる開かれた場所が共存していました。

暗くなってきたころ、生きた音色に包まれる中でひとつひとつのおうちにあかりが灯った「ひかりのまち」の光景は、心にもあかりが灯った瞬間でした。

12月、一年の終わりのこの時期に
改めて家や町のことを見つめ直すことができたこと
それはきっと未来に繋がっているはず。

いつまでも、みんなの心の中のおうちにあかりを灯っているといいな。ありがとうございました。


良介


 

IMG_5882
12月22日に、古庄のひかり市民センターで行う
ワークショップ「てのひらのおうちに あかりを灯そう」
現地で内容の打ち合わせをしてきました。

今年のテーマは「ひかりのまちに みんなで暮らそう」
ひかり市民センターの環境をおもいっきり使って「ひかりのまち」にします。
光と音のアート空間も、、
楽しいワークショップになりそうで、僕自身今からワクワクしています。


写真は、タイルアートの水場に試作のおうちを置いてみた様子です。
神秘的な 光景に思わずうっとり。


良介


 

てのひらのおうちワークショップ2019


12月になりましたね!
今年も開催します、てのひらサイズの光る建築模型作りワークショップ
「てのひらのおうちに あかりを灯そう」
今年の開催場所は「ひかり市民センター」です。

親子で、兄弟で、家族と、友達と、恋人と、もちろんお一人でも!
参加お待ちしています。
素敵な時間になることをお約束します。


日時:2019年12月22日(日)14:30-17:30
場所:ひかり市民センター(日本福音ルーテルひかり教会に隣接。静岡市葵区古庄3丁目18-12-104)
駐車場:10台ほどあり(入り口を入っていくと奥に駐車場と園庭があります)
人数:10組(定員に達した時点で締め切ります)
参加費:1組1000円又は1人500円(材料費、保険料込)
※作ったおうちはお持ち帰りできます
持ち物:エプロン等、または作業ができる服装、防寒着

予約先
電話:090-3954-1738(青木設計事務所 青木良介)
メール:ryosuke@aokiarchi.jp
もしくは、ひかり市民センター(園庭カフェ:070-6926-8913)に直接ご予約下さい。
定員になり次第締め切りとなります。




 

portal patio が工事終盤です。
この日は中庭のシンボルツリー
「イロハモミジ」の施工です。
クレーンで吊るしての搬入となりました。
IMG_5196
根っこ部分はこんな感じに丸くなって搬入されます。
根を覆っているものは年月とともに土に溶けていく仕組みです。

IMG_5197
IMG_5198
角度を最終調整
全方向からチェックしました。

IMG_5200
ボサボサだった枝を
職人さんがちょきちょきちょき。
見ていると本当面白い。
結構大胆に剪定するのです。
一本の木で空間を作っている感じ。
見とれてしまうほどの職人技です。

IMG_5272
こんなに綺麗に整いました^ - ^
背景の杉板型枠の壁との相性も良いですね!

IMG_5431
たった数日でほんのりと色づき始めました。
これからこの場所で家族と共に時を過ごしていきます。


良介


 

IMG_4537IMG_4544
IMG_4547
先月、井川の在来の落花生を収穫体験してきました!
番町市民活動センターの杉本さんが今年から井川の西山に畑を借りていて、井川まで毎週のように通って育ててきたものを、収穫する一番良い時だけご一緒させていただきました。

ところでみなさん、落花生が土の中になるって、知ってましたか?
僕は恥ずかしながら知らなかったのです、、
木になるのかな?なんて思っていました笑
写真のように根っこ部分にこんなにぎっしりとなるのです!
何事も体験ですね、、

久しぶりに土の香りを嗅ぎ、体を動かして汗を流して、良い休日を過ごしました。


IMG_4575
IMG_4573
西山の「アルプスの里」にて、収穫したての落花生を茹でていただきました。
さすが、地元の人は慣れていて塩加減ちょうどよく、濃厚な味の落花生が美味しすぎてビールが進みました笑



IMG_51862
そして今月、乾燥された落花生をパッケージに入れたものまでいただきました!
茹でたものとはまた違い、これまた美味しい。
みんなにもっと知ってほしいな。井川の在来の食べ物を。
きゅうりとか、とうもろこしとか、蕎麦とか
いっぱいあるのです。美味しくて、その土地にしかないものが。

今回、その土地の在来の食べ物を守っていくことの大切さと、守っていく人たちの意思の強さを痛感しました。
杉本さんが井川に毎週のように通われて育ててきた落花生。
まるで地元の人かのように井川でふるまい、地元の人たちからの信頼も厚く、頭が下がるばかりでした。

良介


 

IMG_5394

ビートルズの存在しない世界をコミックタッチで描いた映画。
「 イエスタデイ」は、世代を超えて世界中の人たちに愛され続けているビートルズの名曲です。
詩の内容は、失恋の唄とか無き母を想う詩とか言われていますが、
私にとっては、そのメロディと詩の フレーズがアコースティックギターの音色に乗って
流れてくるだけで酔いしれてしまいます。 
名曲って、人の心に永遠と根付き、それぞれの時代や過去を素直に思い出させてくれると思います。

ビートルズの音楽には、イエスタデイをはじめスタンダードと呼ばれるたくさんの曲があります。
映画「イエスタデイ」が「ビートルズ」へのオマージュと言われる所以ですね。
時代を超えて、今も響き続ける。
私たちの造る建築も、何十年先にも誰かの心を動かすでしょうか。

nobu
 


IMG_5308
昨日の「八木さんの家内覧会」ご来場いただいた皆様ありがとうございました。

初めてお会いする方が多かったのですが、これまで青木設計事務所で設計監理させていただいた方々にもご来場いただけたのがびっくり!
みなさん「15年経つと、我が家はどう変化するのだろう」と思って来てくれたようです^ - ^
自然素材の変化やメンテナンスについては説明はするけど、やっぱりみなさん気になるのですね、、実際に見て少しは安心してくれたかなぁ。
それにしても、自分たちが設計したお家に暮らしている施主様同士が交流する姿を見ることができて、ほっこりしました。みなさん自分のお家のお気に入りポイントや趣味の話に花が咲いていました。

住宅の場合、引き渡しを済ませた後だと、他人がその家で「過ごすこと」はなかなか難しくなります。
今回の八木さんの家の内覧会は、通常の完成直後の内覧会とは違い、生活の一部にちょこっとお邪魔するような感覚で、まるで自分の家のような自然な感じで迎えてくれました。
施主の八木さんや来場された人たちとリビングで談笑したり、ご飯を一緒に食べたり、新天皇陛下のパレードをテレビで見たりと、何気ない生活のシーンをこの家で共有できたことで今後の設計活動のヒントもいただくことができました。光の移り変わりや、気温の変化、窓を開けたくなったり絞めたくなるタイミング、などなど。

あと、自分たちが言うのもおかしいのですが、やっぱりとても居心地が良いお家なので長居してくださる人が多かったように感じました^ - ^

八木さんご夫婦、この度は本当にありがとうございました。

IMG_5291

IMG_5120
昨年度に引き続き、今年も高校生・大学生と共につくる「地域共生フォーラム」に企画から参加しました。僕は会場セッティング班の班長でした^ - ^
会場は今年も「シズウエル」
かたや大道芸が行われていたけど、こちらも盛り上がりましたよー!


今回の地域共生フォーラムは、多文化共生がテーマ。

焼津の「宿題ひろば」を主宰し「いちご」の活動についてお話しくださった谷澤勉さん
明るい笑顔でフィリピンの踊りで会場を温めてくださったNAKAMAさん
参加者全員を巻き込み、エネルギッシュなネパールのダンスを披露してくださったナマステ・ネパールしずおかのナレスサン
龍韻太鼓を若々しく力強く披露してくださった 静岡大学学生サークルのみなさん
そして、企画から参加してくれた高校生・大学生のみなさん
僕を含めた社会人ボランティアのみなさん 

みなさんと素敵な時間を共有できたこと、感謝しています。
ありがとうございました!

フォーラムに答えや結論はないのかもしれない。
だけど「共生」についてみんなで考えて動いて踊ったあの時間はきっと共生に繋がっていると思うし 、これを続けていく先に明確な何かが見えてくるのではないかと希望を持ちました。
また次回も参加したい!

良介


 

↑このページのトップヘ