nobuとRyosukeの建築ブログ

静岡を拠点に活動する青木設計事務所の建築ブログです。

建築設計に携わる上で大事な事を示唆してくれた論考を読みました。
エストニア国立博物館の設計に携わった田根剛氏による寄稿、新建築12月号「建築は記憶」です。

「場所の記憶から建築を考える」
「建築とは場所に意味を与えること」

誰も知らなかった場所に「ここ」という場所を生み出す。
「そこ」でもなく「あそこ」でもない「ここ」は「還る場所」に他ならない。
建築とは「考え方」、建物は「モノ」と言い切る田根氏の言葉に魅了されます。

私はこれまで、建築(考え方)を設計していたのではなく、建物(モノ)を作っていたと痛感しました。
いかなる場所にも私達の知らない記憶がある。その記憶が何かを突き止め活かし歴史を未来へ繋げることは、建築が担う記憶の継承とも言えます。
それは、建築の大小に関わらず、公共性があるかないかも問わず、すべての建築に言えることです。
「スクラップアンドビルド」この言葉は現在の日本の建築界を象徴しています。
建物は20年、長くて50年のサイクルで消滅し新たに建物が造られる。
建築がその時代背景を写すと言われますが、今の日本の建築の多くが、後世に伝えるべきものを残していないように思えます。
残す前にスクラップされ記憶さえ消され継承もされないまま、別の建物が建ち続けているのが現状です。
建築(考え方)ではなく建物(モノ)が。

エストニア国立博物館は、旧ソ連軍用滑走路が延長され、コンクリートの屋根となり空へ向かって消えていく形態です。
辛い歴史を受入れ、そして決別し未来への希望と飛躍を暗示させる建築です。

建築が未来を示唆する。
建築が未来を担う。
建築は遠い未来へと飛躍する。
建築により未来へ踏み出す。
建築が未来を象徴する。

どんな場所でも、どんな所にも、
記憶に残る原風景と歴史があります。
そんな言葉を彷彿させる建築を創りたい。
私の中に建築に向き合う新たな姿勢が生まれました。
この言葉に恥じない建築を造っていきたいです。


いつもつたない文章ですが、
私達のブログを読んで下さる皆様、
よいお年をお迎えください。
新年は1月5日からとなります。
来年もよろしくお願い申し上げます。



平成28年12月31日
青木信浩 青木良介



 

IMG_6188

週末、井川に行った時に
近所の家の軒先で見つけた干し柿です。
井川では日常の風景です。
まだ吊るして間もないですが、天日に当たり冷たい風を受け、
そのうち白い粉が吹出し、甘くて美味しい干し柿になります。
干し柿は、高血圧予防、二日酔い、整腸作用、疲労回復・・・・と、
その効能はなにかと凄いようです。
私のような、やや高齢者には最高のドライフルーツなのだそうです。
と、息子が教えてくれました。
 
nobu

 

IMG_7165

IMG_7179
IMG_7164
IMG_7096
IMG_7097
IMG_7114
IMG_7147
IMG_7095
IMG_7103

12月17日
ワークショップ
「てのひらのおうちに あかりを灯そう」
を事務所で開催しました。

僕が思っていた以上の、
ずっと素敵なワークショップになりました。

みなさんの個性がすごくて
想像を超えた空間があちこちに・・
おうちにあかりが灯った瞬間は感動的でした!

こころあったまるワークショップを
ありがとうございました。

Ryosuke



 

IMG_6741


 

小さいころ夢みた「おうち」

 

大好きだったおばあちゃんの「おうち」

 

今も大切にしている絵本の中の「おうち」

 

こころの中の自分だけの「おうち」を

 

手のひらに、形にしてみませんか

 

そっと あかりを灯したら

 

あの頃の想いがやってきて

 

やさしい気持ちになれるかも

 

今年のクリスマス こころをあたためる

 

小さな光の設計ワークショップ

 
 

 

作るもの:手のひらサイズの光る建築模型

日時:1217日(土)14:3016:30

参加費:500円(材料費込)

人数:10名(子どもと一緒に参加可)予約制

場所:青木設計事務所

静岡市葵区千代田6-30-22静和ビル2

電話:054-267-1120
メール:ryosuke@aokiarchi.jp
駐車場・駐輪場:あり

雨天で延期となりましたが、この日は秋晴れの好天に恵まれました。
 

IMG_6094

熟練の大工さんばかりの棟上げは、安心で頼りがいがあります。

IMG_6113

化粧野地板張りで、本日の棟上げは終了です。

IMG_6664

最後に上棟飾りを棟柱に括り付けて、
施主をはじめ関係者皆で工事の安全を祈願しました。
これから竣工まで、
よし子さんの笑顔をみるまでは、気を抜く事はできません。
頑張らねば。



 

yane



ウッドデッキ、パーゴラ、屋根、
テラス、屋根上デッキ、中庭、星見台、
様々な外部空間と多重屋根が織り成す住宅を計画中です。
写真はその模型の一部です。

住宅としての落ち着きを守りながら
遊具のような楽しさで子供達の遊び場となり
大人にとっては秘密基地のような居心地をつくる、
遊び心満載の住まいになります。
敷地の段差を利用してスキップフロアの構成により、
内部と外部を混ぜ合わせ、いたる所に居心地の良い場所を
造り出すことができればと考えております。 
今後の展開にご期待を。



 

IMG_6050

IMG_6048

IMG_6062

「よし子さんの家」
建方を前に、
垂木と野地板の塗装をしました。
天井や軒裏の塗装はけっこう大変なので、
組み立てる前にやっておくと施工性アップです。
垂木は黄色、野地は素に近い色としました。
色に差をつけることで垂木の線が際立ち、
綺麗な天井になると思います。

建築に色彩があること。
それは文字通り、
生活に彩りを与えてくれると信じています。

自然の持つ素材や色味に、
少しだけ人の意思を乗せた色彩を加えて、
楽しく心地よく、そして美しく調和させる・・
そんな建築空間が、僕の好みです。


Ryosuke




 

よし子さんの家の工事が始まりました!


IMG_6006
気持ちの良い秋晴れの下、地鎮祭
向かって左の女性が建主のよし子さん!
いつもお話が面白くてお元気です!



IMG_5931
プレカット(現場施工前の木材加工)
の打ち合わせの様子。
この建物は最近では珍しい真壁仕様なので、
入念に確認し合います。
男臭そうな絵です(笑)が、
みなさん経験はバッチリで頼もしいです。



IMG_6205
そして本日は基礎配筋検査
(黒板の字が汚いぞー!)
配筋のピッチや、かぶり厚さ等、
細かくチェックしました。
保証機構の検査も無事合格!



基礎ができてきて、
だんだんと“場”が見えてきました。

建築が建ち現れてくるとき、
初対面なのに、ずっと昔から知っている人
に出逢うような懐かしい気持ちになります。
そりゃあ、自分で設計してるのですから、
図面や模型で何度も会っているのだけど、
なんせ、相手は大きすぎる(笑)
運命の恋人なら良いけど、そこにいるのは
生まれたての巨大な赤ちゃんという(やっかい)
この巨大な赤ちゃんを育てて、
ともに成長して行くことが、 
家づくりの醍醐味なのかなと、思っています。
建前が楽しみだなぁ。


Ryosuke



 

よし子さんの家の建て替えは、少し変わっている。

大きな古い家を半分に減築し、空いた場所にコンパクトな家を新築する、という計画。


新しい家に建て替えられるまでの間、建主のよし子さんには住み慣れたこの家で過ごしてほしい、という思いからの判断。残った半分の家は、しばらくは離れとして自由に使い、将来的には更新され、よし子さんのお子さん家族が住まわれることになっている。今この時代に、新築の住宅、をつくる意味を考えながら、世代をこえた家族の関係性や住み継ぎ方まで設計したい。



IMG_5794
瓦屋根が剥がれている部分が取り壊される部分
柱・梁の位置や状態、基礎、配管、水まわり、切断面の処理を考慮して解体


IMG_5832
骨組みの状態。格子がいっぱい。
外と繋がっている状態が、なんとも心地よい。

壊れていくものを見ていると、
今まで見えていなかったものが見えてくる。


今はただ、周辺のまちや人を気遣い、
美しく壊して!なんて、思いながら、
この家が生まれ変わるのを想像して、
ワクワクしています。


Ryosuke



 

井川の畑で収穫した旬の野菜達です。
左からネバネバのモロヘイヤ、
嫁には食べさせるなというくら美味しい秋茄子、
みそ汁でもよし、茄子と煮ても最高のササギ(サヤインゲン)、
カボチャはスープでもOK、
その下の写真のミョウガは、茶畑に自然に出来たもので、
薬味によし、梅干しの梅酢に漬けてもよし。

もちろん全て無農薬です。ところどころ虫食いもありますが、
虫が食べても安全という「あかし」です。

スーパーに行けば年中店頭に並んでいる野菜ですが、
田舎では季節毎に、旬の野菜を収穫して食卓に並びます。
今でも、ごく自然でシンプルな暮らしが、田舎には根付いています。

街での暮らしにちょっと飽きた時、
生き抜きの出来る田舎があることに感謝、感謝。


IMG_5704

IMG_5697




nobu

このページのトップヘ