青木設計事務所の建築ブログ

静岡を拠点に活動する青木設計事務所のブログです。 家づくりをしながら考えていることや、実家の井川のことなどなど 日々を綴ります。

ホームページ:http://aokiarchi.jp

IMG_2908


小さいころ夢みた「おうち」

大好きだったおばあちゃんの「おうち」

今も大切にしている絵本の中の「おうち」

こころの中の自分だけの「おうち」の物語を

手のひらに、形にしてみませんか

みんなの「おうち」の物語をかけ合わせて

そっと あかりを灯したら

優しい気持ちになれるかも

今年のクリスマス こころをあたためる

光のまちづくりワークショップ



作るもの手のひらサイズの光る建築模型

(熱を持たないLEDライト仕様。模型は安全に簡単に作れるものも用意しておりますので、子ども連れの方もどうぞお気軽に。模型はお持ち帰りできます)


持ち物汚れても良い服装。エプロン等。

(ノリや接着剤を使います)

模型に使いたい小物(車や人のフィギュア等自由に)


日時: 1223日(土)14:3017:30

参加費大人1000円(材料費・お茶お菓子付き)

            高校生以下500円(材料費・お茶お菓子付き)

人数: 15名(定員に達したら締め切りになります)

場所青木設計事務所

静岡市葵区千代田6-30-22静和ビル2


駐車場あり


予約先青木良介

            メールryosuke@aokiarchi.jp

            電話: 090-3954-1738
       054-267-1120 


ご不明なことがありましたらお気軽にお問い合わせください 


「Sky Living-街と空につながる家-」の
構造打ち合わせのために東京に行ってきました。
構造設計をお願いしているのは、正木構造研究所の正木健太さん。
青木設計事務所ではこれまでに「陽だまりの木箱」「廻り庭のある家」の構造設計をお願いしています。

↓ 模型を持っていくのに梱包ボックスまで作って準備万端で行きました。
IMG_2807

狭小地+木造3階建て+スキップフロア+耐震等級3
という難しい条件のこの住宅
開放的なイメージを崩さずにどう構造を設計するか
空間イメージを共有しながら構造の解を探していく打ち合わせは、ひらめきと確認の連続で、意匠と構造が一体になっていく作業です。

只今設計最終段階!
見積もりが終わると今度は現場。
正木さんにはいつも構造監理までお願いしています。
図面から基礎・躯体検査まで一緒にチェックしてもらう、とても頼もしいパートナーです。



IMG_2226


現場見学会、2週にわたって開催させていただきました。
ありがとうございました!

「engawa garage house(縁側ガレージハウス)」
これから完成までブログを通して経過をアップしていきます。
これからもどうぞ、よろしくお願いいたします。

青木設計事務所 青木信浩 青木良介 



 

engawagarage広告




お気に入りの車やバイクをガレージに保管したい!
オーバースライダーで心地よく開閉して、爽快に街へ郊外へ繰り出したい! 
車・バイク好きの誰もが願う“ビルトインガレージの家”

この度、お施主様のご厚意により、
現在建築中のビルトインガレージ付き木造住宅
「engawa garage house(縁側ガレージハウス)」
の現場見学会を開催させて頂く運びとなりました。

ガレージの造りはもちろん、今しか見られない構造や断熱の細部まで見ていただき、合わせてこれまで青木設計事務所が手がけてきた「ガレージのある家」を紹介しながら、
現地で「ガレージのある家づくり」相談会を行います。
興味がある方は、この機会に是非どうぞ!


日時: 平成29年11月12日(日)11月19日(日)
    AM10:00~PM16:00(予約制)

場所: 静岡市葵区安東柳町(場所詳細については、下記まで問い合わせください)
    駐車場あり

連絡: 一級建築士事務所 青木設計事務所
   tel: 054-267-1120 fax: 054-267-1121
   mail: ryosuke@aokiarchi.jp

青木設計事務所 青木信浩 青木良介



青木設計事務所が設計監理したガレージ付き住宅
「廻り庭のある家」
「W」
「ROSSO HOUSE」
「HOUSE IN GARAGE」
「クロの家」
が以下の雑誌に掲載されています。
↓↓↓

ガレージのある家



 

IMG_2132
IMG_1201



久しぶりに「加藤先生の家」を訪ねた。
木部の塗装メンテナンスをそろそろ行う時期。

建築の仕事をするようになって結構時間が経ったけど、最近気がつくことが多い。
単純に、竣工した当時と比べると、何年か経った後の建物は、やっぱり変わってくる。
外壁は汚れが目につくようになるし、
外部に使った木は、日当たりや庇の出によって様々だけど、どうしても細やかなメンテナンスが必要になる。でも、その手間に変えがたい質感や環境的な機能がある。

時間を重ねて味が出てくる材料。材料の劣化具合の時間差。
どちらにしても、手をかけて長く使いたくなる愛着ある建築を造ることは重要だけど。
建築は考えることがいっぱいです。

それにしても、タイルは、ほぼ変わらないね!
強いぞ、タイル。


Ryosuke




 

木造建築の棟上げは、地鎮祭とともに建築期間における、
区切りとしての重要な儀式です。

IMG_1612
屋根が幾重にも重なる家の様子が姿を現しました。
陽も暮れ始めて、最後の追い込みです。

IMG_7239
お母さんと一緒に子供達もお祝いの準備です。

IMG_8113
家族皆でお清めです。

IMG_1617
最後の本締めは、お父さんと一緒です。
白手袋をして、スパナーはなんと金色です。
家族揃っての棟上げが、盛大に終了しました。
皆様、ご苦労様でした。
現場、頑張りましょう!



nobu












 

昨日、一昨日と開催しました
「よし子さんの家」オープンハウス
ご来場いただいた方々、
お住まいを公開してくれた施主様、
雨の中、本当にありがとうございました。

お褒めの言葉を数多くいただき、これからの活動の励みになりました!

また、今回予定が合わず来られなかった方々から、別日に見学できないか?との問い合わせがありました。
施主様にも了解をいただいていますので、僕たちに連絡をいただければ個別にご案内可能です。
たくさんの人たちが訪れる家になったらいいなと思っています。

 22449971_2088921641336776_7083871734259010850_n

IMG_1927
IMG_1957


青木設計事務所が設計監理をさせて頂いた
「よし子さんの家」
お施主様のご厚意により自宅を公開して頂けることになりました。


木とタイルをたくさん使った、優しくあたたかい家です。
壁一面タイル張りの中庭は、ワークショップを開いて、
お施主様ご家族をはじめ、
多くの方々と一緒に手作りで完成させました。
タイルの中庭は〝外の部屋〟であり、
食事や趣味を楽しむ彩りの空間となっています。

お施主様と一緒に、大切につくった家を、
暮らしの風景や声と一緒に感じて頂けたらと思います。


見学は予約制となっております。
ご希望される方は、代表者様の住所・氏名・見学日時
を下記連絡先までお知らせください。

ご来場、お待ちしております(^○^)



日時:10/14(土)、10/15(日)10:00-17:00
駐車:あり


ご予約連絡先:青木設計事務所 青木 良介
電話:090-3954-1738

よし子さんの家FACEBOOK6のコピー

よし子さんの家Facebook13

よし子さんの家タイルfacebook12





IMG_7860
engawa garage基礎工事の鍋田くんは、丸子の家でもお世話になりました。
真っ黒に日焼けした頼もしい若者です。
麦わら帽子は彼独自のスタイルのようです。


IMG_7774

基礎配筋検査です。
スキップフロアーのため複雑な基礎ですが、綺麗に正確に配筋してあります。

IMG_7874
アンカーボルト、ホールダウン金物検査


IMG_7842
コンクリート打設立会い

IMG_7972
基礎が打ち上がり、基礎工事もいよいよ終盤です。
あとは、10月5日(大安)の棟上げを待つばかりです。
晴れると最高ですが、雨さえ降らなければ良いです。
なんとか、天気になあ〜れ!
 




nobu 



IMG_7156



この施設は、大型トレーラー専用の駐車場です。
そして、大きな池でもあります。
4000 ㎡という巨大な敷地を利用するにあたり、
雨水対策を考慮して、排水を徐々に放流するための巨大な池を造りなさいと、
静岡市より指導されて設計しました。
そこで、駐車場の床レベル自体に緩やかに勾配をつけて、
すり鉢状の駐車場にすることで、約300tの雨水を保留できる池ができました。
大雨時には、ここに魚を放流して釣り堀ができそうです。
なんてね・・・・・。




nobu










このページのトップヘ