スクリーンショット 2022-09-15 15.35.30
名古屋モザイク工業主催のデザインアワード2022
非住宅部門にて青木設計事務所が設計監理した「ながぬま整骨院(折り上げ屋根の家)」が入賞を受賞しました。

デザイナワード2022リンク
https://www.nagoya-mosaic.co.jp/designaward/winner2022.html


審査員の五十嵐久枝さん、大西麻貴さんは大変昔から尊敬している作家さんたちです。
選んで頂けて本当に本当に嬉しいです。

以下は応募コメント(コンセプト)と審査員コメントです。


◼︎コンセプト
テーマ:風が流れるように、境界に流れるタイルの土間
おおらかなタイルの土間を共有する、整骨院と住まいの提案です。この土間は、ご主人が営む整骨院の待合スペースでありながら、上階で暮らす家族のための玄関でもあり、時には奥さんが手作りお菓子をふるまうカフェにもなります。人が行き交う土間のタイルは、優しいパステルカラー3色を選んでヘリンボーン張りで仕上げました。タイルの色彩と木のぬくもりで包まれた空間は町に溢れ出し、ここにしかない整骨院のあり方と暮らしの物語を紡いでいきます。 


◼︎審査員コメント(五十嵐久枝 氏)

たっぷり木の温もりを感じるインテリアと建物。柱も壁も天井も建具も床もオール「木」を使用している。年月と共にその味わい深さも増していく様子を想像してしまう。その「木」に対して、というか、共にある広々とした土間のタイル。優しいパステルカラーのヘリンボーン張りであるが中々大胆な選択である。個性的な組み合わせが、建物の中から屋外まで緩やかな繋がりをもたらせている。ここでは人と人との関わりが穏やかであると感じさせる何かを持っている。整骨院とカフェと住宅の融合に良好な解の一つであると感じた。 



これからもタイルと向き合い、空間づくりに活かして行きたいです。


良介