nobuとRyosukeの建築ブログ

静岡を拠点に活動する青木設計事務所の建築ブログです。

2016年08月


よし子さんの家は、お母さんと娘さんのための住まいです。
よし子さんはお母さんのお名前です。
少しおとしをめしていますが、目も耳も非常に良く、そして明るく、
いつも背筋がピシッとしているので、私の方がじいさんのようです。
娘さんもお母さんに負けず劣らず明るいので、いつも賑やかに打合せを進めています。

さて、屋根のある家の計画は久しぶりです。
切り妻屋根に覆われた住まいは、木造の軸組構造を素直に現して、
木のやさしく落ち着いた雰囲気で、家族を包み込んでくれるはずです。
お二人には、これが一番と思い提案しました。
中庭には例のごとく、ryousuke君がモザイクを施す予定です。

杉山スケッチVW jp




nobu





先日、函館に行って来ました。
40年ぶりの北海道です。
当時は、一ヶ月間一万円の周遊券でどこまでも行けるところまで行きました。
今回は二泊三日の函館のみです。
当時とはまた違う気持ちでこの地を訪れました。



金森赤レンガ倉庫の内部です。
土産物店がひしめきあっています。
壁は組積造ですが、
約10間(18m)のスパンを一気に飛ばして、
木造の洋小屋組が屋根を支えます。
見応えのある構造は圧巻です。
IMG_5614


棟頂部のトップライトの光は、室内を照らし小屋組を鮮明にしてくれます。
IMG_5673


重厚なレンガ壁にアーチ状に開けられた開口部。
歴史を感じさせる存在感とその意匠性に目を魅かれます。
IMG_5619


鉄扉が閉じた状態。
錆の流れた跡さえ美しいです。
IMG_5618


市内を路面電車が走ります。
小さなスケール感でまとめられた停車駅ホームが印象的です。
IMG_5661


日本三大夜景のひとつとも言われる函館山からの夜景。
素人でも絵はがきのように撮れます。
IMG_5578



どこへ行っても、建築が気になってしまうのは当時と同じでした。
またひとつ思い出ができ、日々の仕事を頑張ろうと思えた旅行でした。




nobu




このページのトップヘ