青木設計事務所の建築ブログ

静岡を拠点に活動する青木設計事務所のブログです。 家づくりをしながら考えていることや実家の井川のことなど 日々を綴ります。

2019年03月

 今年もお茶の時期が近付きました。
 美味しいお茶を作るためには、お茶畑の世話は1年中欠かせません。
 今日は、例年通り春のお茶刈りです。先週は春の肥料撒きに来たので2週連続です。
 新芽を揃って発芽させるために古い葉や枝を薄く刈り落とし、同時に発芽を促進させます。
 
 田舎育ちのせいか、井川に帰ると落ち着きます。
 歳のせいですかね。
IMG_3464

IMG_3444


 帰る途中、大日峠からの白銀の南アルプス連峰。
南アルプス



IMG_0435IMG_0437
IMG_0438
IMG_0397
IMG_0427
IMG_0434
IMG_0418
IMG_0385
IMG_0433


3月16日(土)、高校生・大学生と共に創る「地域共生フォーラム」が開かれました!

みんな熱くて、エネルギーに満ちていて、最後は久しぶりに感動の涙が、、

企画委員としてこの1ヶ月、学生達とワイワイ準備してきたので、過ぎ去った今、さびしさが半端ないです笑。

 

僕は、会場を演出するためのダンボール工作と、当日のダンボールハウスワークショップなどを担当しました!

会場に入るためにトンネルやゲートをくぐるワクワクの空間体験や、実際にダンボールハウスを作って寝そべってみる空間体験など、学生さん達や子供達と一緒に手作りしました。会場の机や椅子も、すへてダンボールなんですよ!みんなのアイデアがカタチになったひとつの瞬間でした。


そういえば、何故「ダンボール」かというと、新宿からゴミ拾いの活動を始めたゲストの作家:荒川祐二さんと、上映された映画「あしがらさん」の監督:飯田基晴さんに共通するきっかけが、新宿のダンボールハウスだったから。というのも含めて、掘り下げてみんなで考えてきたので、当日の講演の言葉や、上映された映画の捉え方に深みが出たんじゃないかなと思います。

 

「地域共生」とは何かをずっと考えてきたけれど、これだ!って答えは出なくて。でも、それぞれが考え続けて、一歩踏み出して行動した先に、待っている気がしました。それは、ゲストのお2人の活動にも通じることでした。

一歩踏み出して、このフォーラムに参加して、僕は仲間と出会えた。

このフォーラムを通して、参加者の多様な考えに触れて視野が広がった。

こういう活動があちこちで行われたら、きっとそれは素敵なことだから、今度はそれぞれが小さくても自分からきっかけを起こしていくことで、未来に繋げなきゃ!と思ったのでした。


時間を共有できた、すべての人に感謝します。

ありがとうございました😊


Ryosuke



 

このページのトップヘ