青木設計事務所の建築ブログ

静岡を拠点に活動する青木設計事務所のブログです。 家づくりをしながら考えていることや実家の井川のことなど 日々を綴ります。

2020年09月

IMG_0672
長沼の家が上棟しました。
大工さんたち、連日お疲れ様です!
おかげで3階建ての木造の骨組みが組み上がり、昨日上棟式を迎えました。

建前を見ていて、大工さんってホントすごいなぁと改めて思いました。
こんなに大きな物体を、人の手で造り上げてしまう。
空中を飛び回りながら、着々と。
造っている時、設計者の僕らは見ていることしかできません。
心の中で「ありがとうございます。お願いします」という気持ちで
だんだんと形ができてくる現場を眺めていました。
大工さんだけではなく、これから関わる職人さんたちにも同じ気持ちです。
僕らができないことをしてくれる。それはお互いに。
家は、一人では造れないことが一番素敵なところですね。

IMG_0733
この写真は、建物の屋上から見た富士山です。
もちろん3階からも見えます。
1階2階3階屋上と、それぞれに周辺環境との関わり方やがあり、木造の特殊な木の架構とも相まって、とっても面白い空間達が生まれる予感。

Ryosuke






IMG_0372
IMG_0381のコピー

IMG_0388
IMG_0369

本日は、「engawa garage house」に行ってきました。
2020年10月発売の雑誌「ガレージのある家」掲載のための取材でした。

「engawa garage house」はその名の通り、ガレージと家をいかに共存させて造るかを考えた住まいです。
オープンインガレージとビルトインガレージを敷地の間口いっぱいに設け、そこに大らかな屋根をかける。ここに造ったガレージは、近所の人と立ち話をする場になったり、自転車を置いたり、子供が遊んだりと、ガレージを超えた大らかな軒下空間として機能する建ち方をしています。
さらに、ガレージもリビングも個室も同じフラットな空間として捉え直し、縁側のように気持ちのよい空間が何層も重なる屋根の下に展開する空間性を持った住まいとして設計しました。

竣工から2年半。 
ご家族がとてもよく住みこなして下さっていて嬉しい限りです。
ご家族に現在の家と車のお話を聞き、設計当時のやりとりなどを振り返る良い時間でした。 
竣工時にはガレージは空っぽでした。
今は、憧れのポルシェがそこにあります。
ご主人が起業されて一生懸命に頑張って、今ようやく乗れるようになったというお話を聞き、胸が熱くなりました。ご家族のご理解も素敵でした。

雑誌が発売するときにはまたお知らせします。
お楽しみに^ - ^ 



 

↑このページのトップヘ