青木設計事務所の建築ブログ

静岡を拠点に活動する青木設計事務所のブログです。 家づくりをしながら考えていることや実家の井川のことなど 日々を綴ります。

2021年03月

ながぬまの家1ながぬまの家2
長沼の家3
ながぬまの家4
ながぬまの家5


じっくりコツコツと造ってきた木造住宅
「ながぬまのいえ」
木の架構が美しく生える建築になりました。
写真で一部をご紹介します。

景色を取り込みながらも、木のぬくもりに包まれるような居心地。
こだわった照明計画。
タイルの色彩や、屋根裏のロフト、富士山を眺める屋上、穴蔵の書斎など、遊び心をちりばめることも忘れずに。

施主様、施工者様のおかげで、設計時に僕らが思っていた以上の住まいになっています。
まだ外構工事が残っていますが、きっちり務めあげたいと思います。

Ryosuke

 

奥様と二匹の猫ちゃんのためのリノベーションです。
先日打ち合わせに行ってきました。
あいにく猫ちゃんはお留守でしたが、お話好きの奥様とは長いお付き合いになりそうです。

築30年を超える鉄骨造のお宅です。
この大きな吹抜け、天井高は高いところは6mを超える勢いです。
IMG_1573
IMG_1554

現在は、二匹の猫ちゃんのための遊び場を兼ねたキャットウオークが備えてあります。
この吹抜けには、奥様のコレクションの絵画やステンドガラスの調度品を展示する
ギャラリーを計画します。
鉄骨の大胆な空間のリノベーションにワクワクしています。

さて、どんなギャラリーにしようかと現在思い巡らしている最中です。
下階をキッチン・ダイニング・リビングとして、上階をギャラリーとします。
ダイニングはアイランド?
ギャラリーへのアクセスは軽やかなスチール階段、螺旋階段?
もちろん、猫ちゃんの遊び場も考えなければなりません。

仕上げも重要です。
この際、床は思い切ってタイル張りや石張りも良いかも?
そんなことを思いながら計画中です。
徐々にご報告していきたいと思います。




nobu
 

このお酒は、火入れをする前の生酒です。
IMG_1524

以前、このブログでも紹介した 「夏詣酒」をくださったお客さんから、また頂戴しました。
「冬の月」いい名前です。
「夏」の次で、今回は「冬」です。
この時期でないと味わえない貴重なお酒です。
お月見でもしながら風情を味わってくださいという意味合いがあるのでしょうか。

口に含むと最初にピリッと痺れるような感覚があり、その後フルーティーな香りとほどよい甘さが口の中にひろがります。私は少し「甘口」のお酒が好きなものですから大変美味しくいただきました。
ありがとうございます。

お酒の「つう」は辛口派とよく言われますが、私は甘口派です。
手に入れるのは少し難しいのかもしれませんが、
「甘口」派の方には。ぜひ ともお勧めです。
一度ご賞味下さい。




nobu

↑このページのトップヘ