RIMG0051
制作途中のエコ平板


RIMG0039
廃材となり寄付された、石やタイル

RIMG0044
型枠にコラージュされたタイル

RIMG0040
水中養成されたエコ平板


加藤先生と共に県立南高校にて、エコ平板の見学。
現在工事中の「加藤先生の家」の外構に採用の予定。
加藤先生より提案があり、エコ平板を調べてみると、NPO法人が主催し、いらなくなったタイルや石の廃材 の寄付を受け、これらを利用した300角のコンクリート製モザイクタイルで、全国の高校の授業の一環として制作しているものであった。コラージュされたモザイクタイルは、大きなものから小さなものと、自由に絵柄を設定できるところが魅力である。加藤先生が教師であり、また少しでもエコに貢献できることに、先生も私達もその採用は決定的なものとなった。どんな絵柄にするか、枚数はどのくらいにするか、外構のどこに採用するか等、今後打ち合わせするための資料造りに忙しくなりそうだ。


青木信浩