%E5%86%99%E7%9C%9F
「縮尺の建築展」






静岡市クリエーター支援センターで行われている展覧会「いろいろやるら。」を見てきました。

廃校となった学校の教室が展示会場なので、文化祭のような何とも良い雰囲気。



何組かのクリエーターがいる中で、一番興味があったのが、





「縮尺の建築展」:後藤周平





この展示は、「縮尺」に着眼し、様々な模型を使ってひとつの建築の思考プロセスを覗き見ようというものでした。
建築はそのあまりの大きさのため、1/1で考えることが困難です。でも、だからこそ、建築家が建築をつくるプロセスや考え方は、それ自体が面白く発見に満ちているのではないか、という作者の意図。
 
 
展示室には1/1000、1/500、1/200、1/100、1/50、1/30、1/10…
と様々な縮尺の模型が並べられ、同じ建築の模型なのに、その模型ごとに印象や見え方が変わり、
どれも同じはずなのにどれも違う?すべてが本物ですべてが偽物?みたいな不思議な風景に出会えました。

しかも、窓や家具を切り取った1/1の展示もあり、訪れた人たちに1/1のスケールを他のスケールとの比較対象として体感させてくれています。


極めつけは、この展示会場自体を縮小した模型まであって、自分が今見ている風景が模型となってさらにその模型の中に模型があるというスケールのマジック…
いつか見たイームズのPowers of tenを思い出し、自分の意識の輪郭が拡大していくような感覚になりました。



模型だけでここまで鮮やかに、そして具体的に体感できる展示になっていることにびっくり!
こういうことが実行できる人がとても羨ましく、そして尊敬してしまいます。










建築をつくるとき、

敷地を見に行って、実際のスケール感や空気感を感じたり、
はたまた図面の中、スケッチの中、模型の中、頭の中、いろんなところでイメージが形作られ、1/1に向かっていきます。





そんな中でも思考ツールとしての建築模型はやはり僕らにとっても特別なものです。





模型は自分の頭で考える以上の創造をくれます。
(頭が弱いので紙面上で立体を考えられないということもあるのですが…)


自分がつくっているものなのに、つくった自分が驚いて、発見して、また想像が膨らむ。
スケールを変えたり、家具や人を入れたり、色を付けたり、
そしたらまた広がっていくんです。


模型という抽象的なものだからこそ、純粋に見えてくるものがあるというか…


ま、それだけにとらわれていても建築はできないのですが、
自分の中から生まれるものが飛躍してできていく模型は、何とも愛おしいものです。



それに模型って単純に楽しい!
小さい頃よく遊んだプラモデルやフィギュアなんかもそうなのかな。
人って、実物より小さいものの世界の中に、心くすぐられる何かを感じるのでしょうか。







そうそう、この展示会は6月11日までやっているそうなので、興味のある方は是非行ってみて下さい。







Ryosuke