%E5%86%99%E7%9C%9F




今から20年前の話。
アップルコンピューターの営業マンが言いました。
「コンピューターの原語がわからなくても、
アイコンひとつでパソコンを操作出来ます」

ほんとうにその通りでした。

初めて購入したMacintosh  Si(当時上位機種から3番目のランク)
当時メモリが5M、HD80Mというものでした。本体だけで80万円。
次がクワドラ800、本体価格110万円。
3台目はPawer Mac8500、本体価格60万円。
4台目はG4、本体価格40万円。
最新がiMac、本体価格10万円。
その間、中古でインターネット用にiMac、持ち運び用にPawer Bookなども購入しました。
この金額の変貌には驚くばかりです。
価格とその性能は反比例ですが、よくも今日まで使い続け、買い続けているものです。

設計の仕事柄Mac用のソフトを購入するので、
たやすくほかの機種への変更もままならなかったこと、
そして一時Windowsに押されていた時期もMacを使い続けることに、
少なからずステイタスを感じていたことがあったから、
今もこうして使い続けているのだと思います。

カリスマを失ったapple

今後もあの時のアイコンのように、
驚くほどのスマートさと確かな技術で私達を魅了し続けていてほしいです。


nobu